ChicaのつれづれVoice♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 青梅漬けのその後(1ヵ月後編)

<<   作成日時 : 2006/07/07 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

青梅をハチミツに漬け込んで約1ヵ月。
最近、白い泡が出てきています(^^;

お客さんの質問でもこの内容が多いのもあって
この間会社の人に教えてもらったんだけど
白い泡はアクのようなもので、今の蒸し暑い時期に発生しやすいらしい。
場所を冷暗所に置かなければいけないとの事。
だけど、別の人から泡=ガスが出てきたということの認識で
空気を通してあげればいいとのコト!ん?それもアリなのかしら。。。?

ちなみに、昨日は泡をすくっていました。でも今日また見ると泡が増えている…(^_^!)
冷暗所にもちゃんと入れたのにぃ(>_<)
なので、帰ってからフタを開けて空気を通してみます。

後3ヵ月くらいで梅ジュースとして飲めるんだけど
どうなるやら!?

簡単だと思って今年は挑戦したんだけど、少々考えは甘かったです(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蜂蜜っていえば、去年の6月だったかなあ。
家の井戸にかぶせてある木製の蓋裏に、
蜂が立派な巣を作っているのを見つけてね、
業者を呼んだことがあったなあ。
蜂自体は日本にいる種類のおとなしい蜂だったから
助かったけど、スズメバチなんかの凶暴な種類
だったら大事だったよ。

蜂が立派な巣の中にこれでもかというくらいの
蜂蜜を蓄えていたね。
業者がいうには、採取できた蜂蜜の精度が高くて、
1kg数万円するとか言っていたよ。
(煽てて言ったのかも知れへんけど)
わざわざこの業者のところに遠路はるばる買い付けに
くる人もいるとか。

業者は蜂を回収して料金はウン万円取られたけど、
その代わりにその金額に劣らないくらい価値のある
取れたて純度100%の蜂蜜を堪能できたってな。
一口なめたら、飴そのものだった。(爆)
nao
2006/07/07 21:51
>nao さん
蜂は色々な種類があって、たぶんその時期で
なおかつ蜂蜜を蓄えていたのなら、それは
ミツバチかもしれません(^^ゞ
ミツバチってよく見るととても小さくて
かわいいのです♪刺されても少し腫れる
程度かな。ちなみに某テレビの取材の
時にアナウンサーが生中継の最中に
刺されていたコトがあります。
アシナガバチは今頃だし、スズメバチは
夏ごろと蜂にも時期があるんですよ。
また、日本の蜂蜜は採れる量が年々厳しい
ので価値は高いと思います。
お花の種類も関係しているので味は
お花によって全然違ったりしますよ☆
ちかちゃん@管理人
2006/07/07 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
青梅漬けのその後(1ヵ月後編) ChicaのつれづれVoice♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる